脳卒中NAVI

脳卒中の基礎知識

脳卒中になりやすい人

脳卒中と後遺症

脳卒中の治療

脳卒中の種類

脳卒中の予防

脳卒中NAVI

脳卒中の恐ろしさ

そうなる前に!

脳卒中は、脳の血管が詰まって血行が悪くなったり、脳の血管が損傷して出血してしまう病気です。脳の血管が詰まると、たくさんの血液を必要としている脳細胞に血液が行き渡らなくなり、脳の細胞が死んでしまいます。

また、脳の血管が破裂して出血すると、脳に出血が生じてしまい、血液が溜まる事で障害を引き起こします。脳卒中は、このような全く逆の症状を起こす状態の総称で、脳の血管に何らかの障害が発生することを言います。この為、脳卒中には様々な種類がありますが、脳に障害が起こる事で、どの脳卒中でも死亡率が高く、麻痺などの障害が残りやすいとされています。

脳卒中の種類は、主に脳梗塞と脳出血、そしてくも膜下出血になります。脳梗塞は、脳の血管が血栓で詰まってしまうことで血流が止まり、脳細胞が壊死して感覚障害や運動障害、言語障害等が発生します。逆に、脳出血は脳の血管が切れて、脳が出血をおこす病気で、多くの人に意識障害がみられ、運動麻痺など脳機能の低下がみられます。

脳は身体の指令塔で、いろんな働きを行っているので、脳卒中によって脳に障害が生じると、半身麻痺など様々な障害が発生するだけでなく、運よく命を取り留めても、一生寝たきりであったり、再発して死亡してしまう事も多くあります。脳卒中では、発生した脳卒中を治すのではなく、脳卒中が起こらないように予防する事が大事です。

脳卒中を起こしやすいとされる人は、生活習慣が不規則である人が多く、長年の不摂生によって高血圧や糖尿病などの病気を持っている人が多いです。脳卒中は生活習慣病を持っている人なら、誰でもなる確率が高く、さらに他の生活習慣病も合併しやすいので、脳卒中が悪化しやすくなっています。

脳卒中の患者数は、現在の日本ではがん患者よりも多く、その患者数は毎年多くなっているとされています。脳卒中を予防する為にも、今は何でもなくても生活習慣を見直して、まずは生活習慣病にかからないようにし、健康に過ごせるように若いうちからの心掛けが重要です。

Copyright (C) 脳卒中NAVI All Rights Reserved